<< 赤シソ染め | main | 今日の棉畑 >>
2016.03.06 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2008.09.02 Tuesday

    私の糸車

    0
      ボランティア会員は、通常民家園の糸場(いとば)で糸を紡いでいます。

      これは民家園を訪れる方に、棉が育っている様子や綿を糸に紡ぐところを実際に見ていただき、昔から受け継がれている様子に触れていただくためのもので、大切なボランティア活動のひとつです。
      訪問者の中には、「懐かしいなぁ。昔は母が夜になると糸を紡いでいて手伝ったりしましたよ。」とか、「うちでは蚕を飼っていたんですけどね・・・」とか、ご自分の体験を懐かしそうに話して下さる方もいらして、こちらから説明するだけではなく、教えて頂く事もある生の情報交換の場でもあります。
      もちろん応えられない質問も沢山ありますが、特に1年目の時は先輩の説明や質問への応答に「へぇー、そうなんだぁ聞き耳を立てる!」と、訪問者の方と一緒に学習していました。

      さてさて、ここで私の糸車を紹介します。



      サイズはA4サイズ版、「えっ、これが糸車!?」と思われる方がほとんどではないかと思います。
      では、これを分解して組立てみます。
       !

      民家園で利用している”本格的(?)”なものとは違って、持ち運びでき収納場所もとらない、コンパクトな糸車です。これは、2期上の先輩がご自分で工夫して考案され製作された、まさに手作りの糸車です(特許出願中:取得されたかな???)。先輩方が入手されるのがうらやましくて、おそらく3シリーズ目位の物を昨年分けて頂きました。
      少々使いづらい部分(音、固定性など)もないわけではありませんが、本当に良くできた糸車です。
      皆さん、本当にすばらしいハート大小
      2016.03.06 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        どうもはじめまして。A4サイズ版糸車についてお尋ねします。これは販売可能でしょうか?もし、お売りいただける場合、私は会員ではありませんが購入できますか?突然ですがよろしくお願いいたします。
        • takao
        • 2011.11.25 Friday 14:59
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM