<< 糸つむぎ教室 | main | 今日の棉畑 >>
2016.03.06 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2008.11.10 Monday

    緑棉と白棉

    0
      昨年知人から頂いた緑綿の種を、ベランダの鉢植えで育てています。
        種を蒔いた時期 ― GW明け(白い和棉と同じ)
        上部の直径30cmの鉢植え、腰高で摘芯しました。
      和棉以外には初めて育てたので、暑い夏場に咲いた大きな赤い花にはビックリ!
      もちろん、葉も大きいです。必然的に実も“巨大”。
      花から実に、実がはじけて棉に・・という、和棉と同じ経過をたどりますが、我が家では実がはじけるまでには和棉の何倍も長い時間がかかりました。
      実がはじけると・・・、
      そうです“みどりいろ“の棉が出てきます。はじけた当初は緑色が濃いのですが、実が熟し棉がフワフワになると次第に色が薄れて少し茶色がかってくるように見えます。キュッとひきしまっていた実がふくらんでしまったせいでしょうか???

          
        

      緑棉はベルー産???ちゃんと調べていませんが、暖かい場所で育つ植物だとすると、四季がはっきりしている日本では生育環境が悪いのかもしれませんね。それでも、土に近い部分からひとつずつ実が実り、秋本番で肌寒くなってきた昨今でも、真ん中くらいの実がはじけています。
      うさごんさん情報によると、緑棉は暖かい場所でたまにお水を与えてあげると越年できるとか。試してみようと思います!

      アジア系の棉は、下向きに実がついてはじけますが、アメリカ系の棉は大きくて上を向いてはじけます。この季節からお花屋さんに並んでいるコットンボールは、棉が上を向いていると思います。じっくり眺めてみて下さい。新しい発見があるかも・・・。
      2016.03.06 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM